• 医療データーベースで必要な事

    医療データーベースを用いて仕事をする場合に最低限データーとして入っていなければならない情報があります。

    それは、患者の記録です。

    カルテとしてデーターベースに加えるのはもちろんですが、それ以上に必要な事はいつどのような薬を投与したか、もしくは、どのような医療処置を施したのか後から見た時でも瞬時にわかるようにしておく必要があります。



    これは、毎日たくさんの患者を診察する医者にとって非常に困難な事です。

    YOMIURI ONLINEに関するお役立ち情報コーナーです。

    なるべく多くの情報を仕入れておくのは当然ですが、いざという時に昔どのような診察をしたのか瞬時に出てこなければ、診察の時間が無駄な時間になりかねません。

    具体的には、タッチパネルでデーターベースを見られるようにしておくといいでしょう。なるべく画面を大きくして患者にも目に見えるようにしておく必要があります。
    これは、患者とともに医療を紡いでいく最近の傾向を上手に利用した例です。


    医者も患者の事を思って診察しているという細かな配慮が画面の大きさに現れます。

    また、過去どのような診察をしたのかを記録してくれていると患者が思う事で、医者との信頼関係につながります。今まで以上に診察が重要な意味のあるものになるでしょう。



    さらに、患者の診察記録からおすすめの薬や処置をあらかじめデーターベースに用意しておいて、診察時に画面に出すとより踏み込んだ先進的な医療になります。

    医者も患者も双方に時間に追われており、少しでも早く済ませる工夫の一つです。