• 医療情報データーベースについて

    日本は色々な問題を内在していて、近年の超高齢化減少や少子化及び人口の推移のスピードは緊急課題です。

    今後の明るい日本の未来のためにも、医療やヘルスケアにおける整備は重要課題であるため、医療に関する情報をデーターベース化し、活用することが日本社会には求められています。
    潜在的な副作用の発見や副作用の詳細を把握するためには、医療情報のデーターベースを集めて分析データー化する必要があります。

    現在日本では、国による医療データーベース整備事業が進んでいます。

    民間企業によるデーターを集約しています。

    IT技術の進歩は目覚しいため、集めた情報から新たなデータを生み、活用した新社会モデルを模索しています。

    医療のデーターベースに関するマニアックな情報をお届けします。

    海外では医療データーベース開発は活発に実施されて色々な分野で活用されています。

    goo ニュースにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

    その結果を利用した環境整備も充実しています。


    日本では、国や研究機関に事業と民間による事業が発展することが、活用技術やデータ活用の発展にも繋がっています。



    一方で、個人情報に関しても適切な管理面では課題を含んでいます。
    民間のデータ事業に関する企業は、データーを健全に扱う必要があり、人々のQOL向上に向けて活用する目的で、データーベース産業の基盤を築く必要があります。

    集めたデータをより有効に、有益に活用できるマンパワーの育成、データを活用した研究、必要な情報の発信など、データや関連産業を育てるために真摯に向き合う必要も指摘されています。