• 最近の医療情報のデーターベース化

    • 近年になって医療情報のデーターベース化が早いペースで進められています。

      どんな人にも医療のデーターベースに関しての情報が閲覧できます。

      このような活動が様々な領域に恩恵をもたらすということがわかってきているからと言うのがその理由の1つです。従来医療情報と言うのは一人ひとりのものであり、個人の治療に活かすために用いられると言うものがありました。

      NAVERまとめに関する最新情報はこちらです。

      そのためカルテと言う形で管理され紙の形で保存されているのが一般的です。



      しかしながら高度な情報化社会となった現在においては、医療情報をデーターベースに登録することでより良い医療を提供するとともに、その情報を様々な研究分野にも役立てようと言う活動が推進されているのです。一人ひとりの情報はこの情報でしかありませんが、そのような情報を非常に多く集めることによって様々な傾向が見えてくるということがわかっています。

      例えばどのような治療を行ったそうに成果が現れているのかと言う効果測定をするためにも役立ちますし、特定の薬を使用した患者情報を集約することによってこれまでは知られていなかった新しい薬の効果を発見すると言うことも可能になっています。


      これは特定の病院だけではなく非常に多くの情報を集約することによって初めて分かる部分もあり、医療情報のデーターベース化に非常に大きな意義があると考えられている背景ともなっています。
      たくさんの情報があることによってより正確な情報を確認することができるのがこのような仕組みのメリットであるといえます。

  • 大人の常識

  • 専門知識

    • 医療情報データーベースについて

      日本は色々な問題を内在していて、近年の超高齢化減少や少子化及び人口の推移のスピードは緊急課題です。今後の明るい日本の未来のためにも、医療やヘルスケアにおける整備は重要課題であるため、医療に関する情報をデーターベース化し、活用することが日本社会には求められています。...

  • 驚く情報・サポート情報

    • 医療データーベースで必要な事

      医療データーベースを用いて仕事をする場合に最低限データーとして入っていなければならない情報があります。それは、患者の記録です。...

    • 医療情報データーベース化の活用事例

      近年になって医療情報のデーターベース化が加速しています。これは病院等で治療を受けた患者情報を活用する方法に加えて、健康診断を実施した結果などを有効に活用する形で様々な活動の効果測定を行うことを可能にするものです。...