• 医療情報データーベース化の活用事例

    近年になって医療情報のデーターベース化が加速しています。
    これは病院等で治療を受けた患者情報を活用する方法に加えて、健康診断を実施した結果などを有効に活用する形で様々な活動の効果測定を行うことを可能にするものです。


    従来は医療情報は個人の健康のために活用されるために集約されているケースがほとんどであり、その情報を研究面に活用するのは極めて限定的なものとなっていました。

    医療のデーターベース情報をまとめてチェックしよう。

    しかしながら近年の高度な情報化社会の発展に伴い、プライバシーを保護した状態のまま医療情報をデーターベース化して様々な研究活動に応用することができる状況が整いました。


    すでに様々な方面で行われている健康増進のための活動の成果の測定に利用されていたり、これまでに活用されている薬が持っている新しい効果の発見などに応用されている実例が既にたくさん積み重ねられています。
    その中には偶然の発見も少なくありませんが、現在活用されている薬の効能の多くはそのような偶然によって発見されたものも少なくないのです。医療情報のデーターベース化は、同一の組織内での共有の幅を超えて健康保険組合等より大きな枠組みで活用することができるように制度改革が進んでいます。

    一つ一つは個人の情報でしかありませんが、それらの情報を多数集めた時に初めて見えてくる部分が医療の世界に新しい情報を呼び起こすことにつながることが期待されています。

    しっかりとした朝日新聞デジタルに関する有益な情報が満載です。

    このような特徴を持っているのがデーターベース化と言う新しい流れであると言えるでしょう。